[PR]★パソコン技能で高収入!【CAD&WEB】のプロになれる! 保険,自動車保険,生命保険,損保保険,転職,ローン,セキュリティ,保険会社比較入会金・年会費無料!アットローンにまかせろ保険,自動車保険,生命保険,損保保険,保険比較,保険の見直し,ローン,慰謝料
,賠償金 交通事故ニュース・最新交通事故情報
[PR]もう、保険会社には負けない!交通事故の慰謝料を最大化させる示談交渉術





交通事故のニュース、最新情報をピックアップ!
交通事故のない安全な道路を目指しましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

愛知 交通事故死者数 ワースト1返上か? 

交通事故での死者数が減っているとはいえ、交通マナーの悪さは変わっていないという愛知県(名古屋)。これではいつワースト1になってもおかしく無い状況には変わりないという事。
地域の特性だとしたらかなり危険ですが、もっと1人1人が交通マナーの向上に努めるべきでしょう。
勿論その他の地域も同じですが…。
車を運転する人も、歩行者も、自転車も、バイクも。皆がそれぞれの立場で交通ルールを正しく守り安全に努める事が出来れば、交通事故ゼロも夢ではありません。まずは意識改革と正しい道路のルールを知る事が必須でしょうね。

「名古屋走り」と呼ばれる危険運転が目立ち、交通事故死者数が昨年まで5年連続全国1位の愛知県で異変が起きている。死者数(27日現在)が192人と全国6位で、トップと22人差。6年ぶりワースト1返上が現実味を帯びてきたが、実のところ運転者のマナーの悪さは変わらず、減少の秘密は歩行者側の意識改革にあるという。愛知県警などによると、今年の死者数(同)は北海道、東京の214人をトップに、茨城、大阪、埼玉、愛知と続く。愛知以外の5都道府県が昨年比1~13人の増減なのに対し、愛知は30人減だ。県警によると、対策に力を入れたのは65歳以上の高齢者の事故。高齢者は「車が止まってくれる」と考える傾向が強いとされ、県警は約6万人を戸別訪問し、無理な横断などをしないよう指導した。高齢者の交差点横断を助ける誘導員を昨年の延べ1400人から今年は同1万6400人に増やしたほか、反射材を服に付けるよう指導するなど、意識改革に努めた。この結果、高齢者の死者数は87人(同)で昨年より18人減少したという。一方で、「運転者のマナーは向上していない」(県警交通部幹部)。飲酒運転による死亡事故は11月末現在、全国で254件発生し、愛知県はうち20件で全国1位。死亡事故でのシートベルト非着用率も同月末で約77%と1位で、全国平均の約46%に比べ、マナーの悪さが目立つ。もっとも、「運転者のマナーが改善すれば、もっと死亡事故が減る」(同)ため、県警は「除夜の鐘が鳴るまで徹底的に取り締まる」(交通指導課)と意気込んでいる。 
6年ぶりワースト1返上か=交通死者、歩行者の意識改革―危険運転変わらず・愛知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101228-00000009-jij-soci


[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[2010/12/29 08:29] 交通事故ニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。