[PR]★パソコン技能で高収入!【CAD&WEB】のプロになれる! 保険,自動車保険,生命保険,損保保険,転職,ローン,セキュリティ,保険会社比較入会金・年会費無料!アットローンにまかせろ保険,自動車保険,生命保険,損保保険,保険比較,保険の見直し,ローン,慰謝料
,賠償金 交通事故ニュース・最新交通事故情報
[PR]もう、保険会社には負けない!交通事故の慰謝料を最大化させる示談交渉術





交通事故のニュース、最新情報をピックアップ!
交通事故のない安全な道路を目指しましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シートベルト着用の重要性 

シートベルト非着用時に起きた交通事故の致死率が、シートベルト着用時の13倍とのデータからもシートベルトの重要性はハッキリしていますね。
記事にもあるように、欧米では随分前から一般道でも後部座席のシートベルトは義務付けられている国も多く日本はとても遅れています。
話はずれますが、チャイルドシートを使わない親も多くこれも大変危険です。チャイルドシートは子供の命を守るシートベルトですから、必要に応じたサイズのチャイルドシートをきちんと使うようにしましょう。

産経新聞2010/09/25
「車のシートベルトは本当に必要でしょうか。シートベルトによる内臓損傷事故があることも聞きます。安全性のデータを得る実験では人形が使われていますが、どこまで安全性を測れるのでしょうか」=福岡市東区、出版業、村上一朗さん(72)
■非着用で致死率は13倍に
 シートベルトは、衝突時に体を座席に固定してその衝撃を軽減し、座席の外に投げ出されたり、ハンドルや前席の背もたれに激しく衝突したりすることを防ぐ安全装置だ。その効果を最も端的に表すデータは、事故による全死傷者のうち死者の割合を示す「致死率」だろう。警察庁によると、平成21年のデータでは、全座席平均でベルトを着用した場合の致死率は0・16%、非着用は2・07%と13倍もの開きがあった。座席別の着用、非着用の割合をみると、(1)運転席=0・16%、7・32%(2)助手席=0・17%、2・16%(3)後部座席=0・14%、0・54%。運転席が最も差が大きく47倍、最も小さい後部座席でも3・85倍だった。また、ベルトの着用で、死亡率が通常事故の約130倍にまで跳ね上がる「車外放出」の危険性も大幅に軽減される。全事故死者のうち、ベルトを着用していて車外放出で死亡した割合は1・3%、逆に着用せず車外放出されて死亡したのは16・3%と、ここでも12・5倍の差が生じている。・・・省略・・・
■欧米各国では80年代以降義務化
 日本で後部座席のベルト着用が義務化されたのはわずか3年余り前の19年6月。直前の18年10月の世論調査では、強制しなくてもいいという意見が43・1%を占めるなど、ベルトへの意識は決して高くない。しかし、欧米各国をみると、ドイツが1984年、米カリフォルニア州が85年と、80年代半ばから90年代前半に後部座席のベルト着用を義務化している国が多い。日本は極めて遅れているといえる。日本人が後部座席の着用に消極的なのは、後部中央席の2点式ベルトの存在もあるだろう。衝突時にベルトが腹部に食い込み、内臓を損傷するケースが、少ないながらもあるからだ。しかし、シートベルトメーカーの担当者は「内臓を損傷するような事故であれば、ベルトを着用していなければ命を失う危険性がかなり高い」と指摘。その上で「きちんと正しくベルトを締めてもらうことが大事」と話す。2点式に限らず、3点式ベルトを着用していても背もたれを倒していると腰が前に滑り、ベルトが腹部や胸部に食い込む現象も起きるという。ただ、前滑りを防ぐため足下にエアバッグを装着した高級車もあり、技術は著しく進化を遂げている。国内では24年7月に中央席も含めた後部座席に3点式ベルトの設置が義務付けられる。これまではおおむね低機能だった後部座席に、運転席や助手席のように衝突を感知して自動でベルトを巻き取るなど高機能ベルトが設置されるようになっていくとみられる。
 警察庁は「交通事故は自分の不注意だけで起きるわけではなく、相手側の不注意で突然、大きな衝撃を受けることもある。シートベルトは自分だけでなく周囲の人の命も守るもの。きちんと着用してほしい」と話している。


[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[2010/09/27 04:52] 交通事故ニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。