[PR]★パソコン技能で高収入!【CAD&WEB】のプロになれる! 保険,自動車保険,生命保険,損保保険,転職,ローン,セキュリティ,保険会社比較入会金・年会費無料!アットローンにまかせろ保険,自動車保険,生命保険,損保保険,保険比較,保険の見直し,ローン,慰謝料
,賠償金 交通事故ニュース・最新交通事故情報
[PR]もう、保険会社には負けない!交通事故の慰謝料を最大化させる示談交渉術





交通事故のニュース、最新情報をピックアップ!
交通事故のない安全な道路を目指しましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チャイルドシートについて 

チャイルドシートには、子供の成長の過程に合ったタイプの物があり、
適切に使用する事に寄って事故による怪我を防げる確立が高くなります。
乳児用・・・首が据わっていない乳児(10kg未満、0~12ヶ月程度)用
幼児用・・・首が据わった幼児(9~18kg、100cm以下)用
学童用・・・学童(15~36kg、135cm以下)用

チャイルドシートとは、幼児を自動車に乗車させる際、安全を確保するため身体を座席に固定する装置。英語では一般に Child car seat, Child safty seat などと呼ばれ、乳児用のものはinfant seatと区別されることもある。
日本の法令上は幼児用補助装置と呼ばれているが、規格としてはCRS( Child Restraint System; 幼児拘束装置)の名称が一般的である。
2000 年4月1日に改正された道路交通法(第71条の3第4項)により、運転者が6歳未満(特別養子縁組成立と同様)の幼児を自動車に乗車させる場合に使用が義務付けられている。違反の場合は行政処分の基礎点数が1点付加される。
衝突時の安全確保だけではなく、幼児や学童の場合は車内で暴れるなどして運転の妨げになることがあるので、安全運転のためにも装着が必要である。
チャイルドシートの普及により、それより前から存在していて、名称が統一されていない自転車に取り付ける子供用の座席も、チャイルドシートとも呼ぶようになった。
・・・略・・・

次の場合は道路交通法の使用義務が免除される。
* 乗車人数より座席の数が少なく、チャイルドシートを固定できない場合。
* 負傷、障害、著しい肥満など、身体の状態により適切に使用できない場合。
* 授乳などチャイルドシートを使用できない日常生活上の世話を行う場合。
* タクシーなどの旅客運送、幼児送迎用バスなど。
* ケガや病気などで、緊急に搬送する必要がある場合。
wikipediaより引用


[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[2010/06/15 22:48] 交通事故ニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。