[PR]★パソコン技能で高収入!【CAD&WEB】のプロになれる! 保険,自動車保険,生命保険,損保保険,転職,ローン,セキュリティ,保険会社比較入会金・年会費無料!アットローンにまかせろ保険,自動車保険,生命保険,損保保険,保険比較,保険の見直し,ローン,慰謝料
,賠償金 交通事故ニュース・最新交通事故情報
[PR]もう、保険会社には負けない!交通事故の慰謝料を最大化させる示談交渉術





交通事故のニュース、最新情報をピックアップ!
交通事故のない安全な道路を目指しましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

交通死3割強が高齢者 

過去のデータと比較して高齢者の事故が増えているのは当然だし、
これはあまり意味がない事だと思います。
ただ、現時点での年齢別の比較をした時にやはり高齢者の運転時死亡事故が
増えているのは否めません。
年齢だけで括ってしまうのは問題があると思います(技能・身体能力には個人差がある為)
しかし、高齢者が免許を持ち続け、運転を継続して行うためには回りのサポートが必要かもしれません。
本人が言う事を聞かないというケースも多々あるかと思いますが、車は命がけで運転するものですし、
人の命に対しても責任をしっかりと負わねばならないという事を自覚したいところです。
高齢者ドライバーだけが問題なわけではありません。
安心して道路を皆で使える環境作りをしていきたいものですね。

若者の3倍…交通死3割強が高齢者 産経新聞
警察庁のまとめによると、自動車乗車中の死者数の年齢層別では、65歳以上の「高齢者」の割合が37.0%と全体の3分の1以上を占め、2位の「若者」(16~24歳、13.9%)を大きく上回っている。若者の自動車乗車中の死者数は、平成3年の1647人をピークに減少傾向に転じ、21年は約13%の222人に減った。これとは対照的に、高齢者の自動車乗車中の死者数は、運転免許保有者の増加に伴って昭和50年代前半から増加傾向となり、平成15年には若者を抜いて最多に。21年は592人で、30年前の約5倍の水準に達している。高速道路の交通事故でも同様の傾向がみられるといい、警察庁は「他の年齢層と比べても、高齢者の占める割合は高い。少子高齢化が進めば、今後ますます増えることが懸念される」と警鐘を鳴らしている。


[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[2010/05/27 11:04] 交通事故ニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。