[PR]★パソコン技能で高収入!【CAD&WEB】のプロになれる! 保険,自動車保険,生命保険,損保保険,転職,ローン,セキュリティ,保険会社比較入会金・年会費無料!アットローンにまかせろ保険,自動車保険,生命保険,損保保険,保険比較,保険の見直し,ローン,慰謝料
,賠償金 交通事故ニュース・最新交通事故情報
[PR]もう、保険会社には負けない!交通事故の慰謝料を最大化させる示談交渉術





交通事故のニュース、最新情報をピックアップ!
交通事故のない安全な道路を目指しましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

交通事故死減でも放置される「死角」 

事故が置きやすい所は早急に改善していかなければいけないと思う。できる工事もしていない場所がありそうだ。交通事故死者を無くすためには必要なこと。用も無い工事をする位ならし必要な所に信号や歩道橋を作るべきでしょうね。

昨年1年間、交通事故で死亡した人は全国で5155人だった。8年連続の減少と数字ばかりが注目されがちだが、この中には、日常に潜む死角を察知して対策を講じていれば、避けられたと思われる事故が少なくない。実際の例をもとに現場の死角を検証する。
神奈川県南足柄市の丁字路の県道で昨年11月の夕刻、4歳の女児が79歳の男性が運転する軽トラックにひかれ死亡した。
現場は江戸時代の宿場町の面影をそこかしこに残す旧街道で、直線で見通しがよい。ドライバーにとって一見、死角はなさそうだ。だが地元からすれば、近くに通学路があるのに横断歩道はあっても信号はない、登下校以外には交通安全指導員はおらず、危険が予知できた場所だった。事故後、市や県警ではパトロールを強化。高齢者の運転への注意や児童の通行の安全を呼びかけ、現場の注意喚起のために、カラー舗装にするなどの対策をとった。
地元自治会は信号機の設置を求め、市に要望書を提出した。被害者の家族も市側に強く要望した。ただ、信号機を設置するのは神奈川県。要望書を提出した市は「県内全域から設置要望があり、設置はいつになるかは見当がつかない」とため息をつく。事故から約2カ月がたち、「死亡事故あり」と書かれた看板が撤去された。地元住民は「子供が手を挙げても、多くの車は止まろうとしない」と不安を口にする。「事故が忘れ去られたかのように、その後も現場ではヒヤリが何件かあったようです」とも。
昨年11月下旬の朝、東京都練馬区西大泉の交差点で、自転車に乗っていた保育所補助員の女性(52)が同じように左折してきたトラックに巻き込まれ、即死した。信号はあり、ふだんは死角として認識されていないが、交差点を左折したところからガードレールがなくなり、歩行者や自転車の危険度は増す。片側1車線で乗用車がやっと行きかうことのできる交差点に、今回、14トンのトラックが左折したことで死角は現実のものとなった。この現場でも事故後、交差点のカーブが緑色に舗装された。そして痛ましい死亡事故によって現場に潜んでいる死角が認識されたはずなのに、それでもノンストップで交差点を左折する自転車は今も少なくない。
交通事故死減でも放置される「死角」 気づいたら相談し最善策の模索をhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090211-00000539-san-soci


[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[2009/02/11 15:23] 交通事故ニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。