[PR]★パソコン技能で高収入!【CAD&WEB】のプロになれる! 保険,自動車保険,生命保険,損保保険,転職,ローン,セキュリティ,保険会社比較入会金・年会費無料!アットローンにまかせろ保険,自動車保険,生命保険,損保保険,保険比較,保険の見直し,ローン,慰謝料
,賠償金 交通事故ニュース・最新交通事故情報
[PR]もう、保険会社には負けない!交通事故の慰謝料を最大化させる示談交渉術





交通事故のニュース、最新情報をピックアップ!
交通事故のない安全な道路を目指しましょう。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

06年11月27日大分市竹中で起きた事故の危険運転致死罪について。 

故意はなく業務上過失罪だと主張している清松祐一被告側。
県道(一般道)を時速100キロ前後で走ることを自らが選んでしたのだから業務上過失罪ではなく、危険運転致死罪であると個人的には思う。そんなスピードで走った結果、車のコントロールが出来なくなったわけですから。潔く認めて欲しいものです。

対向車の親子2人を死亡させたとして、危険運転致死罪に問われている豊後大野市犬飼町高津原、無職、清松祐一被告(23)の初公判が9日、大分地裁(宮本孝文裁判長)であった。罪状認否で清松被告は「過失であってわざと起こしたものではない」と述べ、故意の有無について争う姿勢を示した。検察側は冒頭陳述で、「事故現場は右カーブで、時速95~115キロで走っており、少なくとも危険な事故を起こすかもしれないという未必の故意があった」と指摘。弁護側は「時速約100キロで走っていたことは認めるが、出勤時間に間に合うよう急いでおり、交通事故を起こしてよいとは思っていない。故意はなく業務上過失罪である」と主張した。


大分の衝突事故:危険運転致死公判で被告「故意はない」争う姿勢 /大分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070710-00000205-mailo-l44

[PR]自動車保険一括見積もりで楽天スーパーポイント最大1000ポイント
交通事故ニュースTOPへ

[2007/07/11 10:55] 交通事故ニュース | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。